MediaConvert.jpホームへMediaConvert.jp ホーム/ メディアコンバート サービス事例その2
MediaConvert.jp Contents

見積もり請求 質問フォーム

メディアコンバートとは

こんなときにメディアコンバート

FAQ

 

対応磁気テープメディア

対応ディスクメディア

 

メディアコンバート出張サービス

データ消去出張サービス
(専用サイト外部リンク)

書類電子ファイル化サービス

磁気テープクリーニングサービス

 

文字コード変換について

各種暗号化対応について

 

会社案内
(専用サイト外部リンク)

個人情報保護

ISO27001認定

サイトマップ

◆ メディアコンバート サービス事例 その2

メディアコンバートサービス事例:CMT → 640MB MO矢印メディアコンバートサービス事例(印刷会社)
 【 文字コード変換 】 CMT→ 640MB MOサービス事例(印刷会社)の詳細を別窓で開きます
A社では顧客の印刷データを汎用機で記録されたCMT(CGMT)で受け取り
処理を行うことになりました。しかしA社には汎用機もMT装置もないので、印刷データを読み出すことができません・・・
メディアコンバートサービス事例:CMT → HDD矢印メディアコンバートサービス事例(商社)
 【 レガシーマイグレーション対応・データベース化 】 CMT→ HDDサービス事例(商社)の詳細を別窓で開きます
B社では汎用機からオープン系へのシステム入れ替えを機に、今までの商品の出納データを新システムのデータベースへ取り込むことになりました。出納データはCMT(CGMT)に記録されていますが、新システムにはCMT(CGMT)装置がないので読み出すことができません・・・
Top
メディアコンバートサービス事例:MT,CMT → CD-R矢印 メディアコンバートサービス事例(データサービス会社)
 【データの編集・暗号化 】MT,CMT→ CD-Rサービス事例(データサービス会社)の詳細を別窓で開きます
C社は複数の契約先からデータを集め、その統計結果をCD-Rに収めて販売しています。しかし各契約先から受け取るデータメディアは MT、CMT(CGMT)、MO、CD-Rとまちまちな上データレイアウトもそれぞれ異なります・・・
メディアコンバートサービス事例:LTO2 → HDD矢印メディアコンバートサービス事例(研究機関)
 【 UNIXデータへの対応 】LTO2→ HDDサービス事例(研究機関)の詳細を別窓で開きます
D社の研究機関はアメリカの会社から技術データを購入しました。
購入したデータはUNIXで記録されており、データ量が多いためTar圧縮されてLTO2で納品されてきました。
しかしD社にはLTO2装置もUNIX機器もないのでデータを読み出すことができません・・・
Top
メディアコンバートサービス事例:LTO2 → HDD → DLT IV矢印メディアコンバートサービス事例(建設会社)
 【 災害からのディザスタリカバリ対策 】 LTO2→ HDD→ DLT IVサービス事例(建設会社)の詳細を別窓で開きます
E社は地震等の災害からのディザスタリカバリ対策として、本社でLTO2に保管しているバックアップデータのコピーを複数作成し、地方の各支社でも保管することになりました。 しかしLTO2のバックアップデータはバックアップソフトウェアで記録されている上、各支社の対応メディアはDLT IVと異なるので、そのままコピーすることはできません・・・
Top